犯罪・事件

19歳の幼気ない若い女性が強制的行為を強いられた!しかし、検察の判断は・・・

ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
未成年だった女性は事件後、外出できなくなり、学校もやめた。しかし、不起訴になった男性は普通に生活している・・・。

 

被害にあった女性の話

被害者
※涙を拭いながら被害を語るユミさん(本人の希望で上着を着用しています)

20歳のユミさん(仮名)は、事件から9カ月が経った今も、外出が怖くてたまらない。
 
通っていた専門学校は退学し、恋人とも別れてしまった。
 
いまもPTSDの症状に苦しみ、カウンセリングに通っている。
 
ユミさんがレ〇プされたという相手の男性とは、最寄駅が同じだ。
 
いつ街中で出くわすかもわからない。
 
ユミさんはあの日から人生が変わってしまったが、男性は普通に生活を送っている。
 
事件のきっかけとなったバーにも通い続けているようだ。
 
なぜなら、不起訴処分になったからだ。
 
千葉地検に提出した陳述書と、ユミさんの話によると、経緯はこうだ。
 
ユミさんは19歳だった2017年11月、母親と一緒に千葉県内のスポーツクラブに入会した。
 
数日後、母親の都合がつかず、初めてひとりでトレーニングに行った日に、声をかけてきた男性がいた。
 
「鍛えてるの?」
 
その男性は、他の客やトレーナーにも親しげに話しかけていた。
 
和気あいあいとしたスポーツクラブなんだな、早く打ち解けたいな、と思い、ユミさんは男性に言葉を返し、トレーニング器具の使い方を教わった。
 
午後9時ごろに着替えて外に出ると、男性が待っていた。
 
「よかったら飲みに行こうよ」
 
と気さくな感じで誘われた。
 
 

強いお酒が置かれた…

被害者
※ユミさんが千葉地検に提出した陳述書

ダイエットについて教えてくれる、ということで、一杯くらいならいいかなと思いました。
 
男性は40歳くらいのおじさんに見えました。恋愛対象になるとは考えもしませんでした」
 
ユミさんが自転車で、男性がバイクで向かった先は、男性の行きつけのガールズバーだった。
 
ユミさんは梅酒を3杯飲んでフラフラになるほど酔い、帰ろうとしたところ、男性に
 
「もう一軒だけ」
 
とガールズバーの下の階の店に連れていかれた。
 
ユミさんは男性に未成年だと伝えていたが、バーで何度かトイレに立つたび、席の前には強いお酒が置かれていた。
 
上半身をテーブルに横たえて眠ってしまった。
 
飲酒をしたことはあったが、ここまでひどく酔うのは初めてだった。
 
こうなる前に帰っていれば・・・
 

1 2 3
ABOUT ME
ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
★足跡/掲示板★ ※ご自由にお使いくださいね。 ■役者を10年以上続けてきましたが、食えるわけもなく。お財布を少しでも潤したいと思いネットビジネスに手を出す。牛乳が大好きで山梨県の清里にちょこちょこ出没(※年に数回程度ですが。) いつか、牛乳が世界を救う時がくる。そう信じて僕は今日も一歩前へ歩を進める。
UQ mobileのキャンペーン情報!

キャッシュバック
 
店頭お申込みにはない…
WEBオンライン限定のキャッシュバック施策!
 
キャッシュバックの概要
 
キャンペーンページ