犯罪・事件

中野翔太、無期懲役が確定!~船橋少女生き埋め殺害事件~

中野翔太、知的障害の自覚はなし


 
裁判で明らかになったところでは、事件のきっかけは些細なことだった。
 
2015年の春ごろ、被害少女は高校の同級生だった当時18歳の湯浅成美(20)と卒業アルバムの貸し借りなどをめぐり、トラブルへ発展。
 
湯浅成美が元交際相手の男でもある井出裕輝(23)に相談。
 
その結果、井出が中野を犯行に誘い込んで、3人で犯行に及ぶという計画となった。
 
3人は被害少女を車で監禁。
 
結束バンドで手足を緊縛して財布やバッグを強取。
 
そして成田空港近くの畑まで連れて行き、あらかじめ掘っておいた穴に入れて生き埋めにした。
 
生き埋め

出典:https://bit.ly/2EtLgWQ

 
この時、
 
「殺さないで。死にたくない」
 
と、泣きながら助けを求めた被害少女に対し、スコップで土砂をかけた。
 
それが、中野翔太だったのだ。
 
凶行に及んだ中野だが、逮捕後に受けた精神鑑定で軽度の知的障害があることが明らかになった。
 
また、犯行を主導したとされる井出からは、暴力をふるわれ、パシリとして使われていたということも。
 
知的障害のことを聞くと中野は、
 
「そういうのは、よくわからないんですよ」
 
と、あっけらかんと言った。
 
一方、井出からパシリにされていたことについて聞くと、
 
「食べ物を買いに行かされたり、車を洗わされたりしていました」
 
と何ら恥ずかしがることなく答えた。
 
では、なぜ、パシリにされていたのか。

「携帯電話を料金滞納で止められた際、井出に携帯電話を借り、ひと月に12万円使ってしまったんです。それで井出から『使ったぶんは返せ』と言われてパシリをさせられるようになり、働いていた鉄筋屋の給料も全部渡すようになったんです」

 
会話は普通にできる中野だが、こんな話を聞かされると、軽度の知的障害があるというのは本当だろうと納得せざる負えなかった。
 

1 2 3 4 5
ABOUT ME
ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
★足跡/掲示板★ ※ご自由にお使いくださいね。 ■役者を10年以上続けてきましたが、食えるわけもなく。お財布を少しでも潤したいと思いネットビジネスに手を出す。牛乳が大好きで山梨県の清里にちょこちょこ出没(※年に数回程度ですが。) いつか、牛乳が世界を救う時がくる。そう信じて僕は今日も一歩前へ歩を進める。
UQ mobileのキャンペーン情報!

キャッシュバック
 
店頭お申込みにはない…
WEBオンライン限定のキャッシュバック施策!
 
キャッシュバックの概要
 
キャンペーンページ