ニュース

山田浩二が控訴を取り下げ死刑確定!寝屋川中1男女殺害事件!

ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
寝屋川中1男女殺害事件の犯人・山田浩二(49)が控訴を取り下げ、死刑判決を確定させたことが話題になってるぞ!

 

山田浩二死刑囚(寝屋川事件)

山田浩二
出典:https://bit.ly/2JEY0fP

 
2015年8月、大阪府寝屋川市で暮らす中1の星野凌斗くん(当時12)と平田奈津美さん(当時13)が失踪。
 
後日、他殺体となって発見されたのが、この寝屋川中1男女殺害事件だ。
 
山田浩二

出典:https://bit.ly/2Wo04z0

 
山中で見つかった星野くんの遺体も、駐車場に遺棄されていた平田さんの遺体も、顔面に粘着テープが巻かれており何とも無残な状態だった。
 
さらに星野くんの衣服のポケットには、使用済みのコンドームが入れられており、近年起きた重大事件の中でも異常、かつ猟奇的な事件だった。
 
ほどなく逮捕された山田浩二は、未成年の少年に対する監禁・傷害など多数の前科があり、前年10月に刑務所を出所したばかり。
 

昔から男セイ器に興味があり、「おちソちソしゃぶりたい」と発言
 
事件直前にも「リソ姦イベント」に参加

 
等々、おぞましい情報が次々に報道された。
 
そして昨年12月、大阪地裁の裁判員裁判で死刑判決を受けた。
 
公判中に遺族に向かって土下座し、謝罪したことを「パフォーマンス」と報じられるなど、山田浩二に対する報道は総じて厳しいものであった。
 
 

山田浩二、自分の事件に無関係なことには冗舌

山田浩二
出典:https://bit.ly/2YMRIhJ

 
山田は裁判で、事件当日に被害者2人を自分の車に乗せたことは認めつつ、殺意はきっぱり否認。
 
そして、星野くんについては、
 

「車内でたくさん汗をかいており、平田さんに『寝たら治る』と言われたので、睡眠導入剤を渡した後、亡くなった。」

 
平田さんについては、
 

「大声を出されたので、静かにさせようと口を押えた手が、首のほうにいってしまい、亡くなった。」

 
と主張していた。
 
しかし、山田浩二は面会中、こうした事件の核心については、自分から積極的に話そうとはしなかった。
 
たとえば、星野さんの衣服のポケットに入っていた使用済みコンドームは、山田による偽装工作である可能性が指摘されている。
 
その事実関係を聞いてみたところ、
 
「あれはサウナから持ってきたんです」
 
と答えた。
 
はて…なぜ、そんなものを星野さんのポケットに入れたか?
 
それについては話さなかった。
 
また、そもそもなぜ、事件当日に被害者2人を自分の車に乗せたのかを尋ねても、
 
「いま、弁護士に送って、コピーが手元にないんで。」
 
とか
 
「自分の息子、娘くらいの年齢に見えたんで。」
 
などと、よくわからない説明だった。
 

ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
全く会話が噛み合ってないね。

 
一方で山田浩二は、
 
「年末に右斜め前の部屋の死刑囚が執行されたんです。」
 
と唐突に切り出してくるなど、自分の事件に無関係なことに関しては冗舌だった。
 
経験上、このように面会中「自分の事件について語りたがらない被告人は話す内容に嘘が多い傾向がある。
 
そのため、正直、死刑を免れるべく裁判で不合理なことを主張し続けるタイプではないかと思わざるをえなかった。
 
 

山田浩二、やってない時は女の方が好き

山田浩二
(家族とのキムチ鍋パーティ)出典:https://bit.ly/2whPqek

 
山田浩二をみていると、死刑判決を深刻に受け止めていない雰囲気も感じられた。
 
たとえば、裁判で死刑判決を宣告された時の思いを尋ねた時のこと。
 
「あんまりピンとこなかったですね。言っている意味がわからなかったし、自分より弁護士のほうが悔しそうでした。」
 
と他人事のように語ったが、無理をして強がっているふうでもなかった。
 
そこで、死刑になるのが怖くないのかと重ねて聞くと、
 
「今はまだわかんないですね。あえて考えないようにしてるんで。」
 
と言った。
 
この時の口調も自然で、死の怖さをあまり感じないタイプではないかと思えた。
 
そして今回、山田浩二の控訴取り下げのニュースを聞き、思い出したことがもう1つある。
 
それは面会中、「神父さんが毎週来てくれているんです。」と言っていたことだ。
 
確定死刑囚になると、面会できる相手が厳しく制限されるが、教誨師を務める宗教者との面会は一般的に許されている。
 
山田浩二は死刑が確定した時に備え、今のうちから神父に教誨師として面会に来てもらっていたのかもしれない。
 
「女の子だけじゃなく、男の子も好きなんですか?」
 
と尋ねたところ、
 
「覚せい剤をやっていない時は女性のほうが好きです。」
 
と暗に自分が覚せい剤の使用者で、バイセクシャルであることを認めるなど、不都合なことを一切話さないわけでもなかった。
 
一部報道では、山田浩二は刑務官と喧嘩し、パニックになって控訴を取り下げた。
 
現在は控訴取り下げを「無効」にすることを考えていると伝えられた。
 
しかし、このままアッサリと死刑を受け入れてもおかしくない。

出典:https://bit.ly/2MpcKlt

 
 

山田浩二という人間-まとめ-

山田浩二
出典:https://bit.ly/2QrhNQl

 
振り返ってみると、山田浩二って男は過去にも逮捕歴がある。
 
その情報やその他出来事を調べてみたところ・・・
 

〇31歳だった2002年3月に京阪電鉄・寝屋川市駅近くなどで少年らを車内に監禁したとして、翌月逮捕
京阪寝屋川市駅前のロータリーで、アマチュアバンドの路上演奏を聴いていた男子高校生と無職少年の17歳2人が、頭髪を短く刈り上げた30歳すぎの男に道を尋ねられた。
 
道案内しようとした親切心からか、2人は男の車に乗り込んでしまう。
 
男は車内で態度を急変させ、2人を一つの手錠で拘束し両手足を粘着テープで縛り上げたとされる。
 
車内で約4時間にわたって監禁し、北西約4キロの公園でやっと解放した。
 
その際に高校生の顔や胸をライターであぶり、やけどを負わせたという。
 
〇同市内で中学2年の男子生徒を車内に監禁
3週間後の3月31日の未明、同市内で中学2年の男子生徒(14)に道を尋ね、車内に監禁。
 
手錠と粘着テープで縛りナイフを突きつけて、現金1500円と携帯電話を奪ったとされる。
 
〇2003年には愛知県内で別の監禁事件を起こし、逮捕されている

 
山田浩二は家族と一緒に暮らしていたが、当時の自宅玄関の壁面には、スプレー缶などで描かれた落書きがあった。
 
近所の女性(64)は「赤や緑、青、白色のごちゃごちゃの線で描かれていて、危ない家だと思った」と話す。
 
また、近くのエステサロンを経営する女性(30)は、
 
「山田容疑者に似た男に何度も携帯電話で撮影されたり、追いかけられたりし、警察に相談していた」
 
と語っていた。
 
山田浩二は、事件直前の8月11日に、お盆休みで帰阪していた。
 
自身のフェイスブックに、「やっぱ、地元最高です!帰って来たなあ~って感じ!」と投稿。
 
山田浩二

出典:https://bit.ly/2WnFsqx

 
 
また、平田さんの遺体が遺棄された約12時間後の14日午前11時40分ごろには、
 
「早ければ今夜にでも大阪出発するので最後の大阪を満喫!!」
 
とのコメントをつけ、通天閣の写真もアップしていた。
 
山田浩二

出典:https://bit.ly/2WnFsqx

 
今回の事件については調べれば調べるほど、新事実が明るみになってきており山田浩二という人間の残虐性が窺える。
 
星野凌斗くんのポケットに入ってあった使用済みコンドームについては、もはや言う必要もないが、彼が息を引き取ったあとに・・・その・・・そういう行為をしたということだ。
 
過去に被害にあった少年、少女たちは果たしてどのくらいいたのだろうか。
 
こういう言い方は酷いかもしれないが、死刑執行の日が待ち遠しい。

ABOUT ME
ジャージー牛乳
ジャージー牛乳
★足跡/掲示板★ ※ご自由にお使いくださいね。 ■役者を10年以上続けてきましたが、食えるわけもなく。お財布を少しでも潤したいと思いネットビジネスに手を出す。牛乳が大好きで山梨県の清里にちょこちょこ出没(※年に数回程度ですが。) いつか、牛乳が世界を救う時がくる。そう信じて僕は今日も一歩前へ歩を進める。