学習グッズ

「マーケティング」を知ろう!社会で生きていく上で必須ともいえる知識!

ジャージーみるく
ジャージーみるく
「マーケティング」って言葉は知っていますか?

「マーケティング」って言葉は様々なところで耳にする単語である。
意味を簡単に述べるならば顧客の欲する価値を売って対価を得るです。

今回は「マーケティング」という言葉に触れて、その重要性を説いていきます。

「マーケティング」って何?

見出し画像1
「マーケティング」の意味は、冒頭で触れた通り、顧客の欲する価値を売って対価を得るです。

そして、この「マーケティング」っていうは聞き慣れない人もいるかもしれないけど、実はあなたの超身近でいつもそれは起きているって知っていました?

例えば、あなたはコンビニやスーパーで買い物をしたり、ネットショッピングを利用したりしますか?
利用する人が大半ですよね(利用してない人はいないですよね)? だって、生活していく上で必需品(衣食住に関わるもの)となるものは、日常的に買ったりしますものね。

そういった場所でマーケティングっていうのは起こっているのです。
じゃぁ、ここで1つ例を用いて説明します。

あなたは、仕事終わりに最寄り駅の近くにあるファミリーマートに寄りました。
ここであなたは缶コーヒーを購入します。

ただ、缶コーヒーを買うっていっても種類が様々じゃないですか。
あなたは、何の缶コーヒーを購入しますか?

「BOSS、Wonda、GEORGIA」など、種類は様々ありますよね。

じゃぁ、今回は「BOSSのブラックコーヒー」を選んで購入したとします。

ジャージーみるく
ジャージーみるく
はい、ここ!今ここでマーケティングがおこなわれていました!

わかります?
マーケティングとは、顧客の欲する価値を売って対価を得ることですよね。

今、顧客であるあなたは、、、
複数ある缶コーヒーの中から、金額と商品を見て、自分の中で『どれを飲もうかな?これ美味しそうだな。でもちょっと高くてイヤだな…』など、他の商品と比較しながら欲しいものを買いました。
そして、買う際にはその対価(=コーヒー代金)を支払うことで、その商品を手に入れました。

これがマーケティングなんです。

開発・生産者側の目線でいうならば、「競合相手に対して、自社の商品を差別化して、自社にしかない商品価値を顧客に提供する。その代わりとして顧客から対価(代金)をいただく」ことです。

似通った他社商品が沢山ある中で、いかにして顧客に自社の商品を購入してもらうかってことです。

「マーケティング」に触れて面白いなって思ったのは、コンビニなどで商品を購入する時に、『自分は今何でこの商品を選んだんだろう?』って考えるようになった点ですね。
普段はそんなこと考えること一切なかったのに、マーケティングに触れてからというものの、常にそんなことを考えるようになりました。

つまり、(コンビニで商品を買う時など)自分自身が会社側の目線でモノゴトを考えることもできるし、顧客側の目線で考えることもできるっていうのが面白いなって思います。

まぁ当たり前といえば当たり前のことなんですけど、いつも顧客側の立場だった自分自身が、その瞬間に会社側の立場になって考えることができるっていうのが素敵ですよね。
こうして会社側の立場の人間になって考えるのってとても良い体験になるし、今後自分が起業をしようって思った時にも役立つなって思いました。

ただ、タイトルにもあります「マーケティングが社会で生きていく上で必須」っていうのとは、まだ直接的には結びつかないですよね?
では、その辺について触れていきます。

「マーケティング」を知ることでプレゼン能力が圧倒的に向上する!

見出し画像2
では何故「マーケティングが社会で生きていく上で必須」なのか?
別に必須とまでは言いませんが、その知識があるとないとでは、圧倒的に違うことがあります。

それは、プレゼン能力の向上です。
「マーケティング」とちょっと知ってる、それこを基礎知識を本で身につけたっていうだけでも違います。
本を読んだことがある人とない人でも、月とすっぽんの差が出ます。

だからマーケティングに関する本は絶対に1冊は読んでみてください。
色んな人が本を出しているので自分に合った本を探して読んでみてください。

ちなみに僕が人におすすめされて購入したものがコレです。
僕みたいに経済に関しての知識がゼロでも、物語風に解説してくれててメチャクチャ読みやすく分かり易かったです。

モノを売るすべての人に向けたマーケティングの入門書です。

「マーケティング」の本で何を読んで良いのか悩んでいる人は上記の本をどうぞ。
※ちなみにこの本は、アフィリエイトではめちゃくちゃ有名な本です。

また、「マーケティング」というのは、プレゼン能力以外にも役立つことがあります。
これも絶対にみなさんに聞いてもらいたいので、引き続き僕の話を聞いてくれたら嬉しいです。

その他「マーケティング」を知ることで身につく能力

見出し画像3
「マーケティング」を知ることで他にも下記のような能力が身につきます。

マーケティングで身につく力
  • 自己PR
  • 一貫性

簡単に1つずつ解説をしていきますね。

自己PR

自己PR力は、かなり身につきます。
何故ならば、「マーケティング」に触れるというのは冒頭からずっと説明してきた通り、『自社商品の売り方』について知ることになります。
自社商品の売り方を知るということは、他社商品との差別化だったり、自社商品のポイントをしっかりと分析して組み立てることができるということです。

ということはですよ?
言い換えるならば、自分自身の売り方についてもしっかりと分析してアピールすることができるって意味にもなりますよね?

これは特に面接において、最大の効果を発揮することができますよ!

一貫性

一貫性は、話の組み立て方や資料作成においても重要です。
もしもあなたが「一貫性」のない発言や、プレゼン(資料作成)をしてみようものなら一瞬でバカにされるし、相手にされなくなります。
そして悲しいことに、「一貫性」のない人って思った以上に多いです。 だから、会社で資料作成する時やプレゼンする時は、必ず「一貫性」があるかどうかにこだわってください。

ジャージーみるく
ジャージーみるく
例えばですけど、よるあるのが、「コスト削減」の資料作成をしてるのに話を広げ過ぎてしまって、気づいたら結論部分で「工数削減」を主張している資料になっていた…みたいな感じです。
こういった資料は、一貫性がないといいます。

どうすれば「一貫性」のある資料が作成できるようになるのか?
それについては言うまでもありません。「マーケティング」の基礎をしっかりと本で学べばクリアできます。

僕も本を読んでめちゃくちゃ変われました。内容が面白いから、何度も何度も読んでいます。今でも読んでます。
それほどまでに重要だし、この「ドリルを売るには穴を売れ」の本は面白いです。

モノを売るすべての人に向けたマーケティングの入門書です。

【まとめ】「マーケティング」を知ろう!

見出し画像4
「マーケティング」というものに触れてきましたが、少しは興味を持てましたか?
僕が説明しているのはほんと触り部分だけなので、本を読めば読むほどに「マーケティング」の面白さに気づけます。

また、自分の能力もグーンと向上するので、会社で「企画提案がうまくいかない」「資料作成がうまくいかない」「モノゴトをうまく伝えられない」といった具合に悩んでいるようでしたら絶対に読んだ方がいいです。たかだか本代金の1,500円前後を払うだけで世界が変わります。

他社(人)との差別化だったり、自社(己)PRがうまくなるっていうことは、相手に自分のことを良く知ってもらうことができるようになるということです。

これは、恋愛においてもそうですよね。 好きな人に自分という商品を知ってもらい、選んでもらうにはどうしたらいいか?
他人じゃなく、自分を好きになってもらうにはどうしたらいいのか? 

「マーケティング」を知れば、人間関係においても優位性を築くことができてしまいます。

モノを売るすべての人に向けたマーケティングの入門書です。

これから会社で働く人や、経営学を学びたいって人も絶対に読むべき本です。
良い本は、いっぱい転がっているので、そういったことにお金を使ってください。自己投資です。

Googleで検索して探すのもいいですけど、Twitterにもこうした参考とすべき本の情報は転がっているので探してみるのも良いですよ。

ABOUT ME
ジャージーみるく
役者を10年以上続けてきましたが、食えるわけもなく。 今はちょっとブラックが通信会社に勤めながら「会社での働き方や転職・派遣会社の紹介」を個人経営しています。牛乳が大好きで山梨県の清里にちょこちょこ出没(※年に数回程度ですが。) します。さぁ、今日もゴクゴクと牛乳を飲みます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください